何でも屋
 
解決率100%依頼者次第です! 
グレーゾーン

グレーゾーンにはこんなリスクがあります。

脅迫
被害者の生命、身体、自由、名誉又は財産に対し害を加えることを告知して人を脅迫することによって成立する犯罪をいいます。
強要
人の生命、身体、自由、名誉若しくは財産に対し害を加える旨を告知して脅迫し、又は暴行を用いて、人に義務のないことを行わせ、又は権利の行使を妨害する罪(刑法223条)を意味する。第三者に対してのみではなく、親族に対して行われるものも処罰の対象となる。
恐喝
暴力や相手の公表できない弱みを握るなどして脅迫すること等で相手を畏怖させ、金銭その他の財物を脅し取ることを内容とする犯罪。
誘拐
欺く行為や誘惑を手段として、他人の身柄を自己の実力的支配内に移すことを言う。
名誉毀損
他人の名誉を傷つける行為。損害賠償責任等を根拠づける不法行為となったり、犯罪として刑事罰の対象となったりする。
個人情報漏洩
「個人情報を保有する者」および「個人情報に該当する者」の意図に反して、第三者による「故意」または「過失」によって個人情報が渡ることをいう。
住居侵入
正当な理由がないのに、人の住居など(『人の住居若しくは人の看守する邸宅、建造物若しくは艦船』)に侵入した場合に成立する
傷害
人を欺いて財物を交付させたり、財産上不法の利益を得たりする行為(例えば無銭飲食や無銭宿泊を行う、無賃乗車するなど、本来有償で受けるべき待遇やサービスを不法に受けること。また債務を不法に免れたりすること)、または他人にこれを得させる行為を内容とする犯罪のこと。刑法第246条に規定されている。未遂も罰せられる(250条)が、予備行為は処罰されない。
偽造
有形偽造(狭義の有形偽造)
通常、偽造とは有形偽造のことを指し、権限のないまま他人名義の文書を作成することをいう。文書の名義人と作成者との間の人格の同一性を偽って文書を作成することと言い換えることもできる。有形偽造により作出された文書を不真正文書もしくは偽造文書という。以下、単に「偽造」という場合は有形偽造を指す。
有形変造
真正に成立した文書に対して変更を加えることをいう。なお、権限のない者による場合を有形変造といい、権限のある者による場合は無形変造という。変造は預金通帳の預入れ年月日だけを改ざんした場合など、本質的でない部分を改変する場合に限られる。本質的部分を改変した場合は、新たな文書を作成したのと同じであるから、偽造となる。
無形偽造(虚偽文書の作成)
文書の作成権限を有する者が虚偽の内容の文書を作成することをいう[2]。無形偽造により作出された文書を虚偽文書という。
 
最低以上の法令に違反する恐れがあり、依頼者も相当の覚悟をした上での決断が必要です。
 

誰にも知られることなく、迅速に解決したい! そんな悩みをお持ちの方にお応えできる。それが晴嵐です!!